Welcome to Our Company



礼拝について

教会では、旧約聖書、新約聖書に記され、またイエス・キリストによって示された神を賛美するために、古くから礼拝という固有の
形式を行ってきました。礼拝の中ではお祈り、賛美、説教、献金などが行われ、それぞれに大切な意味があります。また聖餐式
や洗礼式などの特別な儀式(聖礼典)が、礼拝中に行われることもあります。礼拝と聞くと、厳粛でありどことなく馴染みにくいと
思われることもあるでしょう。しかし、礼拝は一方通行的なものではなく、説教者を通して語られる神とそれを聞く聴衆が創り出す、
相互通行のものです。
このところでは、当教会の具体的な礼拝のプログラムを説明させていただきます。






              礼拝式次第 《午後礼拝バージョン》


      招詞:              礼拝の始まりにあたり、聖書から招きの言葉を読み、礼拝する者の心を整えます。

      賛美:             賛美とは、神を褒め称えることを意味します。ただ歌を歌うのではなくその歌われる
                             歌詞を自分の言葉として歌います。そして神を褒め称えるのです。


      開会の祈り:          司会者が礼拝式のために祈る祈りです。

      賛美:              当教会での賛美の時間は主に伝統的な讃美歌や聖歌を礼拝式の前半で賛美します。

      聖書朗読:          説教者が聖書から語る聖書の箇所を会衆一同共に心を合わせて朗読します。

      プレイズと分かち合い:    ここでは、コンテンポラリーなプレイズソングを賛美し、そして証し(神様からどんな恵み
                             を受けたかなど分かち合う)をがなされます。


      説教:              牧師が聖書からのメッセージを語ります。聖書の言葉を日々の生活にどのように適用
                             するのか語られます。


      献金:              日々神から与えられている多くの恵みを献金という形で神にお返しする一時です。

      頌栄:              礼拝の最後にもう一度、神を褒め称える一時です。
 
      祝祷:              牧師より礼拝者一人一人の上に神からの祝福を祈る祈りです。






                                                   
戻る


ライン